2,500円で歯を白くする激安ホワイトニング

【半年で10キロ太る】ガリガリが体重を体重を増やすおすすめ筋トレ方法

 

身長172cm、体重46kgで典型的なガリガリ体質の私でも半年で体重を10キロ1年で体重を15キロ増やすことができました。

 

私が実際に体重を増やすことでに成功した効果ある筋トレ方法を紹介します。

 

細い人の理想の体重とBMI

 

まず闇雲に体重を増やす前に、目指すべき体重をBMIに沿って判断しましょう。

 

・18.5未満   → 低体重
・18.5〜25未満 → 標準体重
・25以上    → 肥満

 

一般的な平均体重はBMI値22.5周辺と言われています。

BMI22.5=身長175cm、体重68kgの水準

 

ガリガリの人からすると身長175cm、体重68kgは理想的な体型ですよね。まずはBMI20程度を目安にがんばりましょう。

 

身長175cmの人なら62キロを目指しましょう。だいたいBMI20程度になるとパット見で細く見えなくなります。

 

 

「ガリガリ」と言われる人はBMIが18以下です。

 

私も実際にBMIは16.5と極度のガリガリでした。典型的なガリガリ体質で今まで太ることすらできなかった私でも太ることができたので筋トレは絶対にしましょう。

 

 

体重を増やす筋トレ3選

 

体重を増やすために絶対に欠かせない3つの筋トレを紹介します。

BIG3と呼ばれれ人間の筋肉の中でも特に大きい筋肉を優先的に鍛えることで体重と見た目は大きく変わります。

 

BIG3とは大胸筋・背筋・太腿筋の3つです。

 

BIG3のトレーニングは負荷がきつくトレーニング方法を謝ると怪我をしやすいので動画を持て正しいトレーニング方法を学びましょう。

 

ベンチプレスで体重を増やす(大胸筋)

 

筋肉=胸の筋肉といわれるくらい重要な筋肉です。

ガリガリな人は第一優先でベンチプレスを行いましょう。一番簡単に見た目の変化がわかるのがベンチプレスです。

 

 

デッドリフトで体重を増やす(背筋)

 

背中の背筋を1番効果的に鍛えることができるのがデッドリフトです。

腰を負傷しやすいので動画を見て正しいトレーニング方法を学びましょう。

 

 

スクワットで体重を増やす(太もも)

 

実はふとももの筋肉が一番大きいです。

そのため体重を増やすなら一番大きい筋肉を大きくするスクワットが1番有効的です。

 

特に初心者におすすめがローバースクワットという方法です。理由はローバースクワットのほうが足全体の筋肉をまんべんなく鍛えることができるからです。

 

自宅で行うことができる筋トレ方法

 

自宅でも体重を増やすことができる筋トレを紹介します。

細いのが恥ずかしくてジムに行くのが恥ずかしい人や自宅で筋トレしたい人は必見です。

 

ダンベル+ベンチで体重を増やす筋トレをする

 

 

 

自宅で筋トレを行う場合は絶対にダンベルが必要です。

自分の体重で行う腕立てなどの自重トレーニングは負荷が弱いのでなかなか効果が出るまでに時間がかかります。

 

可変式ダンベルを必ず買いましょう。重さを変えることができないとすぐに重さに慣れてしまって負荷不足になります。

 

 

 

またベンチもあればかなり自宅トレーニングの効果が倍増します。

ベンチがあれば最低限ベンチプレスが自宅でできるのが大きな特徴です。

 

プロテインで太る

 

筋肉をつけたい人はかならずプロテインを使いましょう。

タンパク質の摂取量が大げさに2倍近く変わるので筋肉が大きくなるスピードが2倍変わります。

 

 

 

 

コスパが良くて味も色々あるビーレジェンドは初心者におすすめです。タンパク質の量も多いのでプロテイン選びで迷っているガリガリの人におすすめです。

 

一刻も早く体重を増やした人はウェイトゲイナープロテインがおすすめです。タンパク質の量は普通のプロテインと比べて少なめです。

 

炭水化物やカロリーなど太るための栄養素が多く入っているので「もうこれ以上食べられない!」という状態で飲んでももう一食分のカロリーを摂取できるのですぐに太ることができます。

 

実際にこちらの記事でも筋肉と体重を増やすためにはかなりのカロリーが必要なことがわかります。

 

増量効果のあるおすすめウエイトゲイナープロテイン5選|簡単に体重を増やす方法

 

あわせてよみたい関連記事

【モテホルモン】テストステロンを増やす方法 顔つきを変えてイケメンになる6つの方法 【ライフハック】筋トレ後の翌日に疲労感・だるい・眠い理由と3つの対処法 筋トレをすれば顔つきが変わってイケメンになる効果がありモテる4つの理由