2,500円で歯を白くする激安ホワイトニング

【自分でほくろを取る方法】おすすめほくろ除去クリームのカソーダでほくろ取ってみた!効果・作り方

管理人

カソーダでのほくろ除去について解説します。

 

自宅でほくろを取ることが出来るほくろ除去クリームのカソーダでほくろを取ってみました。

 

皮膚科でのほくろ除去はレーザーが痛そうで怖かったので自宅で自分でほくろを取ることが出来る方法を試しました。ほくろを取ってみたい人必見です。

 

カソーダ=安く自宅でほくろ除去できる

 

結論は取れたほくろと取れなかったほくろがありました。実はカソーダは使い方を間違えると危険なのでじっくり読んでみてください。

 

ほくろが嫌だと今まで悩んでいたのがほくろを取って自分の見た目にも自信を持つことができるようになりました。

 

 

本日はカソーダを使ってみた私がほくろ除去クリーム「カソーダ」でのほくろ除去を解説します。

 

ほくろ除去クリームとは

 

ほくろ除去クリームとはもぐさやカソーダなど自宅で自分でほくろを取ることが出来るほくろ除去グッズです。

 

 

特徴として、時間がかかるが安く自宅でほくろを除去することができます。

 

多くのほくろ除去クリームの中で一番オススメで人気なのがカソーダです。

 

 

カソーダと同じくらい人気のもぐさについてはこちらで解説しています。

 

自分でもぐさを使って顔のほくろ除去!もぐさの効果・作り方・経過・跡を解説

 

カソーダがほくろ除去におすすめの理由

 

自宅で自分でほくろ除去したい人におすすめのほくろ除去クリームはカソーダが一番いいです。

 

カソーダとは

カソーダ

アメリカのHeritage社のほくろ除去クリームです。

 

国内では楽天市場やヤフーショッピングで入手することができます。海外製で不安な人も多いですがカソーダで多くの人がほくろ除去に成功している人気製品です。

 

だいたい3日〜1週間位でほくろを目立たなく取ることができます。そしてカソーダは1000円医科で入手することが出来るので皮膚科でのほくろ除去よりも安くほくろをとることができます。

 

 

自作カソーダの作り方

 

 

 

そんな人気ほくろ除去クリームのカソーダですが、通販では売り切れ続出で入手することが困難です。

 

どうしてもはやくカソーダでほくろを除去したい人はカソーダを自作しましょう。

 

  • STEP.1
    重曹2:ひまし油1を容器に入れる
  • STEP.2
    クリームになるまで混ぜる
  • STEP.3
    除去部分を綺麗にする
  • STEP.4
    ほくろの上に載せる
  • STEP.5
    一晩そのままにする

 

これを3日〜1週間継続しましょう。

販売されている製品と同じ成分で作ることができます。売り切れで自分で作るのが不安な人はカソーダの再入荷を待つか皮膚科でほくろ除去しましょう。

 

 

ほくろ除去クリーム「カソーダ」の効果

 

ほくろ除去クリームカソーダの効果を解説します。カソーダの成分は、アルカリ性で肌の表皮を溶かすことによるピーリング効果でほくろを除去します。

 

強いピーリング効果でほくろを除去するので肌が弱い人は要注意です。

 

カソーダの効果
・肌の表面を溶かす
・ほくろを浮かせる
・肌の表面の保護

 

カソーダに入っている重曹の作用で肌の表面を守ってくれるので、ほかのほくろ除去クリームよりも安全にほくろを取ることが出来るのが特徴です。

 

カソーダでほくろ除去する安全性

 

 

自作カソーダで失敗したときの写真です。

 

カソーダは効果が強いので成分が肌に合わない人は肌に影響が出ます。

 

カソーダの悪影響
・赤み
・痛み

・かゆみ
・カブレ

 

使用する上で必ず肌に合うか確認しましょう。

 

ほくろがなくて目立ちにくい箇所に一度カソーダを塗ってみましょう。パッチテストの結果、肌に影響が出なければ肌への使用に問題ないです。

 

カソーダを自作する上で重曹を入れすぎると肌が荒れて失敗します。カソーダでのほくろ除去は成功確率が低いので失敗したくない人にはおすすめできないです。

 

カソーダで顔のほくろ除去できる?

 

カソーダで顔のほくろを取るのはおすすめしないです。実際にカソーダの製品パッケージでも「顔への使用は推奨していません」と記述されています。

 

顔の肌は敏感で過剰に肌荒れする可能性が高いです。

 

ホクロ取りクリーム類や民間療法的な自己処理は危険

ホクロ取りクリームでほくろ除去は、強酸や強腐食性のある成分が使われており、肌に強い作用を及ぼす。日本は認可された医薬品や化粧品等は販売されていない。

相談に寄せられているように、個人輸入代行業者を通じて海外から購入した製品で被害にあっても、消費者が現地の業者と交渉は難しい。 一方で、寄せられた相談には、もぐさでホクロを取ろうとしてやけどをしたという例もある。

古くからの民間療法的な方法でも危険が伴うので避けたほうがよい。

 

実際にカソーダでのほくろ除去は国内では認められてないので失敗したときにどうしようもなく後悔します。

 

 

カソーダでのほくろ除去は自己責任になるということを理解してほくろの除去を行いましょう。

 

 

ほくろ除去クリーム「カソーダ」|まとめ

カソーダ評価
ほくろ除去効果
(3.5)
再発
(3.0)
入手しやすさ
(2.0)
値段
(5.0)
安全性
(2.0)
総合評価
(3.0)

 

こんな人におすすめ
・皮膚科に行くのが嫌
・自宅でほくろを取りたい
・目立たない場所のほくろ

 

しかしカソーダでのほくろ除去はリスクが高いので失敗する覚悟を持ったほうが良いです。実際に失敗してしまうと一生残る跡になります…。

 

 

顔や目立つ場所のほくろで絶対にほくろ除去で失敗したくない人は皮膚科でのほくろ除去がおすすめです。

 

レーザーや切開での除去だと値段も3,000円程度で出来て綺麗にほくろ除去できるのでおすすめです。

 

【ほくろ除去体験談】値段の安いおすすめ皮膚科・保険・痛い・経過などほくろ取りたい人必見

 

こちらの記事で皮膚科でのほくろ除去について解説しています。