ホワイトニングやほくろ除去の解説サイト

自分でもぐさを使って顔のほくろ除去!もぐさの効果・作り方・経過・跡を解説

管理人

もぐさでのほくろ除去について解説します。

 

自宅でほくろを取ることが出来るほくろ除去クリームのもぐさでほくろを取ってみました。

 

皮膚科でのほくろ除去はレーザーが痛そうで怖かったので自宅で自分でほくろを取ることが出来る方法を試しました。ほくろを取ってみたい人必見です。

 

もぐさ=安く自宅でほくろ除去できる

 

結論はもぐさでのほくろ除去は上手く取れたほくろと取れなかったほくろがありました。実はもぐさは使い方を間違えると危険なのでじっくり読んでみてください。

 

ほくろが嫌だと今まで悩んでいたのがほくろを取って自分の見た目に自信を持つことができるようになりました。

 

 

もぐさを使ってみた私がほくろ除去クリーム「もぐさ」でのほくろ除去を解説します。

 

ほくろ除去クリームとは

 

ほくろ除去クリームとはもぐさやカソーダなど自宅で自分でほくろを取ることが出来るほくろ除去グッズです。ほくろ除去クリームの特徴として、時間がかかるが安く自宅でほくろを除去することができます。

 

多くのほくろ除去クリームの中で一番オススメで人気なのがもぐさです。

 

もぐさと同じくらい人気のほくろ除去クリームのカソーダはこちらのページで詳しく紹介しています。

 

カソーダで自分でほくろを取る方法 おすすめほくろ除去クリームのカソーダでほくろ取ってみた!

 

もぐさがほくろ除去におすすめの理由

 

自宅で自分でほくろ除去したい人におすすめのほくろ除去クリームはもぐさが一番いいです。

 

もぐさはカソーダよりも安くて、国内で入手がしやすいので自宅で自分でほくろ除去したい人におすすめです。

 

 

もぐさとは

もぐさ

 

もぐさとはヨモギの葉の裏の繊維を精製したものです。

 

もぐさにほくろ除去用の複数の薬草を混ぜてお灸として江戸時代から使われていています。江戸時代から現代にかけて自宅でのほくろ除去としてもぐさは使われています。

 

 

 

 

薬局や楽天で1,000円以下で入手できるので自宅で簡単にほくろ除去できる方法として人気です。

 

 

もぐさの特徴
・価格が安い
・入手しやすい
・3回程度でほくろが取れる

 

自宅でほくろ除去したい人におすすめです。

安いもぐさだと失敗する確率が高いので確実に成功したい人は高性能で温度が高くなりすぎないもぐさがおすすめです。

 

もぐさのほくろ除去効果

 

 

こちらの動画では少し大きめのほくろが7日目に綺麗に取れています。

 

もぐさの効果
・ほくろを燃やす
・皮膚を焼き切る
・かさぶたになって取れる

 

ほくろの上にもぐさを置いて線香で加熱して間接的にほくろを燃やしてほくろを取ります。

 

薬局では1,000円以下のもぐさがありますが熱くなりすぎて少し痛いので痛くなくもぐさでほくろ除去したい人は10,000円くらいのほくろ除去用のもぐさを購入しましょう。

 

もぐさでほくろ除去する使い方

 

 

正しい方法でもぐさを使わないと周辺の皮膚がやけどして跡が残ったりするので危険です。

 

  • STEP.1
    ほくろの上にもぐさを載せる
  • STEP.2
    極力もぐさの量を少なくする調整する
  • STEP.3
    もぐさに線香で火をつける
  • STEP.4
    火が燃え尽きるまでじっと待つ
  • STEP.5
    1〜4を3回繰り返す

 

すぐにほくろを取り除きたい場合は1度で3回繰り返してください。

人によって差がありますが1週間〜2週間でかならずほくろが取れます。

 

 

注意点として、もぐさの量を少なくすること火が燃え尽きるまでじっくり待つことの2点が大事です。

 

この2点を守らないと周辺の皮膚が火傷したり水ぶくれになって取り返しにつかないことになります。完全に自己責任で誰も治してくれないので要注意です。

 

 

もぐさで顔のほくろ除去できる?

 

もぐさで顔のほくろを取るのはおすすめしないです。

理由は失敗したとき、顔に一生失敗のやけど跡が残るからです。

 

そして顔の肌は敏感で失敗する可能性が高いです。

 

ホクロ取りクリーム類や民間療法的な自己処理は危険

ホクロ取りクリームでほくろ除去は、強酸や強腐食性のある成分が使われており、肌に強い作用を及ぼす。日本は認可された医薬品や化粧品等は販売されていない。

相談に寄せられているように、個人輸入代行業者を通じて海外から購入した製品で被害にあっても、消費者が現地の業者と交渉は難しい。 一方で、寄せられた相談には、もぐさでホクロを取ろうとしてやけどをしたという例もある。

古くからの民間療法的な方法でも危険が伴うので避けたほうがよい。

 

実際にもぐさでのほくろ除去古典的な民間療法で失敗例も多く、国民生活センターへの被害届がたくさんあるので失敗してもいいという人以外におすすめしないです。

 

もぐさでのほくろ除去は自己責任になるということを理解してほくろの除去を行いましょう。

 

 

もぐさでほくろ除去する安全性

 

 

もぐさでのほくろ除去で失敗したときの写真です。

 

もぐさの量を多くしすぎたり、安いもぐさを使うと火力が強くなり火傷しやすくなります。また、線香での加熱中に傾きや風で燃えているもぐさが倒れたりすることもあるので要注意です。

 

綺麗に除去できなかった人はほくろが再発します。

 

 

 

ぶっちゃけるともぐさでのほくろ除去は時間がかかる上に失敗例はかなり多く、かなり綺麗にもぐさを使わないと怪我をしたり再発するので自己責任で行いましょう。

 

ほくろ除去クリーム「もぐさ」|まとめ

もぐさ評価
ほくろ除去効果
(3.5)
再発
(3.0)
入手しやすさ
(2.0)
値段
(5.0)
安全性
(2.0)
総合評価
(3.0)

 

こんな人におすすめ
・皮膚科に行くのが嫌
・自宅でほくろを取りたい
・目立たない場所のほくろ

 

しかしもぐさでのほくろ除去はリスクが高いので失敗する覚悟を持ったほうが良いです。実際に失敗してしまうと一生残る跡になります…。

 

顔や目立つ場所のほくろで絶対にほくろ除去で失敗したくない人は皮膚科でのほくろ除去がおすすめです。

 

もぐさでのほくろ除去は時間がかかって、失敗する可能性が高いのでおすすめしないです。レーザーや切開での除去だと値段も1回3,000円程度で出来てすぐに綺麗にほくろ除去できるのでおすすめです。

 

皮膚科でのほくろ除去だともぐさより安く安全で確実にすぐにほくろを取ることができます。

 

【ほくろ除去体験談】安くて評判がいいほくろ除去おすすめ皮膚科!保険・痛い・経過などほくろ取りたい人必見 ほくろ除去でほくろを消す ほくろ除去失敗談・再発して後悔した話【ほくろ除去失敗談】ほくろ除去後に再発で失敗・後悔しないための対策方法と対処法 急にほくろが増えた! ほくろが増える原因と体や顔にほくろが多い人の特徴

 

エリアごとのほくろ除去おすすめ記事

東京都内でほくろ除去!値段安いおすすめのほくろを取れる皮膚科口コミランキング 大阪でほくろ除去!値段安いおすすめほくろを取れる皮膚科口コミランキング 名古屋の安いほくろ除去名古屋の料金が安いほくろ除去口コミランキング!評判が良い有名なおすすめ皮膚科まとめ

 

・参考リンク:日本皮膚科学会「質問Q&A-ケミカルピーリング」